妊娠超初期は妊娠までの期間で、妊娠前・妊娠しているが妊娠検査薬に反応がない時期のことを指します。妊娠0週~2週まではお腹の中には赤ちゃんはいないのに、敏感な人はこの時期から体に症状を感じるようです。

女性の妊娠超初期症状の1つとして、よ精力剤く耳にするのが『下腹部痛』です。妊娠初期の下腹部痛ってどんな痛みですか?妊娠超初期における下腹部痛は下記のような特徴があります。

子宮のあたりが引っ張られるような痛み
生理痛に似た重い鈍痛
「チクチク」「ズキズキ」といった痛み

このように子宮の周囲に痛みを感じる妊婦さんがとても多いです。

妊娠した後、どうして下腹部が痛くなるのですか?一つの原因は、赤ちゃんの成長にしたがって子宮が少しずつ大きくなることで、子宮への血流が増します。その違和感が下腹部痛として現れていることや、レビトラ産道を広げる準備で骨盤辺りのじん帯がゆるみ、足のつけ根や恥骨に圧迫感が出たことで痛みを感じるケースもあります。また妊娠中は黄体ホルモンが増加することによって、腸の動きが鈍くなり、お腹が大きくなることで腸が圧迫されることから、便秘になりやすいと言われています。便秘は下腹部痛の原因の一つです。

妊娠超初期に下腹部が痛いなら、どうすればいいですか?下腹部痛が発生する時、重いものは持たない、激しい運動は避ける、ストレスを減らすようにします。普段の作業を少し減らして安静に過ごすことで、自分の身体を労わりながら生活しましょう。冷たい飲みものや食べものは避け、おなか周りは温めましょう。