記者の時、ペンは私の身の回りのツールで、1日に欠かせない.

1回、同僚に頼んで買ってくれるボールペン,度重なるに念を押した黒のないように,しっかり覚えて、私は,下腹部痛、私は黒色が好きで、こっそりとなり、粛粛殺殺し.くれぐれも忘れないように、12枝、全黒色.私は翌日、同僚はそれを私に渡して、私に渡してくれます.私は、12枝、全黒色の.彼は、彼のせいでの問い合わせ先は、舌を振るに反論:"あなたは黒の強調、黒、忙しい一日、こんこんとにデパートに、頭の中には一番の印象の2つの単語:じゅうに枝、黒.そこで一心不乱に黒の買いには.」

がある、私は絶句
紅蜘蛛 販売店.

当時、私はもし短い言葉は、どうぞ私のために買っじゅうに筆、完全には靑い.同僚を信じると、間違いはしない.

以来、どんな話をして、文章を、私はずっとコア、直切急所を行かない無駄なサークルカブト.贅肉の言葉、正確、精緻、精神、決して事のできない.