(阿智外伝56)

年代末から70年代の初め、阿智は少年時代に、家族が住んでいる屋敷の中にある劉さん レビトラ 試しに.このくんは四十歳にして、かなり愛し――が安い.その時、商品流通が発達し、店には商品の供給が単調、まれになると、商品の購入、購入、供給券を購入する.

幸いにいくつかの頭の柔軟な農民、時々自転車かごを載せてにんじん木の枝、庭にいくつかの家族売り農副産品を補うだけに、いくつかの市場での欠陥商品不足.たくさんの人が呼び売りにするのは、この売り子製品が多いのは、旬の.

晩春初夏まで売って杏子、夏に桃を売る.

雨の時に大大きな、小さな魚、小さいのが空手形、フナ;大の多くを鯉.最大のコイ、1匹の数十斤の重さは、やはり赤い鱗の.魚は市外からの河川の中で網て;その魚は雨季にはダムの放水路のとき、濁った激流衝愚昧になりましたから、地元の農民漁が住んでいる.

初秋へ時柄最多:沙果、梨、リンゴ、柿、脆枣など.のクアズ、ピーナッツ、生クルミなどの干物は大半年にもある.

商人家族の庭が現れると、劉さんについて活躍して、彼はいつも行商人の車について.彼は人は保護するためではなく、初物を食べる――しかし、彼だけは買ってだけ、行商人のものは少ない.

最も愛して劉さんはクアズ、落花生、沙果、脆枣などの小さな果物は、これらのものを食べてから現れない穴.彼の面皮はまた厚いから、もうひとつの大きい梨を取って食べてみてはありません.

彼は食べ終わった後、またもったいらしく褒貶行商人が1番で、たとえば:食べ終わったクアズ,この種のあまり熟しないで、食べ終わって脆枣、ちぇっ!ちぇっ!この棗、酸、酸.つまり、彼を理儿――は私は買いたくないあなたのものは、あなたのものはよくない!

推定劉さんは脆枣好物のだから、彼が食べてきりがなくなるまで、人を行商人食べてまで、この時に彼の足元はきっと一面の両端がとがった児.

そうこうしているうちに、あれらのよく来家族院売りの行商人、全部知った劉さんのすごい.だから、彼を見る限り冒した頭の人は急いで車を踏んで、子供をずらして,下腹部痛、私の手に負えない――屋台によってよけんだろう!

論点は売って魚の行商人が恐くなくて劉さん,彼も多いはずがない