妊娠すると様々な体の変化が起こります。この中でもよく聞くのが下腹部の痛み。多くの人に悩みをもたらします。妊娠初期の下腹部痛の可能原因をまとめています。

ホルモンバランスの変化が引き起こす痛み

まず考えられるのが、ホルモンバランスの変化による腹痛です。

妊娠初期にはhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)や、エストロゲン、プロゲステロンが多く分泌され、ホルモンバランスが変化します。これらには腸の働きを鈍くする作用があるため、腸の機能が低下してしまうと言われています。こうしたことから便秘や下痢を引き起こし、下腹部の不快感を訴える妊婦さんが出てくるのです。

つわりのせいで思うように食事が摂れなかったり、水分が不足したりなどで、妊娠初期に便秘になる方は少なくありません。また、妊娠中の便秘は初期に限らず多いもの。水分補給や日々の生活で対策を取ることはもちろん、辛い場合はかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

ちなみに生理前の腹痛の原因は、子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンという成分が一因とされています。多量に分泌されることにより子宮収縮が強くなり、下腹部痛を引き起こすのです。痛み方が似ていても、原因は全く違うのですね。

子宮の大きさの変化による痛み

赤ちゃんの成長に伴って、子宮はどんどん大きくなっていきます。この子宮の大きさの変化が、妊娠初期の下腹部痛の原因の一つと考えられています。

妊娠前の子宮は鶏の卵程度の大きさ。それが妊娠2ヶ月の段階で1.5倍程度に膨らみ、妊娠3ヶ月になると握りこぶし大までに子宮は成長します。そのようにして筋肉できている臓器が引き伸ばされることによって痛みが生じると考えられます。

また、妊娠に伴って子宮への血流が増加するため、違和感や、痛みを感じるケース、または子宮の膨張により、その後ろ側にある腸が圧迫され、痛みの原因となるケースもあります。

 骨盤周辺の靭帯が緩むことで起こる痛み

妊娠に伴って、骨盤周りの靭帯が緩みはじめます。これは出産の際に骨盤を広げ、赤ちゃんが産道を通りやすくするためです。初期からこのような現象が起こることに驚く方もいるかもしれませんね。女性の体では、妊娠初期の段階から出産に向けて準備を始めているのです。

靭帯が緩むことで下腹部の違和感、内蔵が引っ張られるような痛み、足の付け根や恥骨のあたりに圧迫感を覚えることがあるようです。